満足度の高いケータリングの特徴

いつもの場所が異空間に変身

>

快適な空間を求めて

ケータリングの質について

高品質なケータリングを頼むなら、まず企画を立てることです。
参加者の好みを事前にリサーチして、料理内容を具体的にすることが重要になります。ケータリング任せでもそこそこの料理は提供してもらえますが、オリジナル性を出したいならやはりそれなりの準備が必要になります。
結婚式の二次会なら、新郎新婦が喜ぶようなイベントを企画するのも良いと思います。披露宴ではそこまでくだけることは出来ませんが、二次会なら友人同士比較的気楽に行うことが出来るので、学生時代の思い出などのネタを仕入れておくと進行しやすいかと思います。
新郎新婦の思い出の料理などがあれば、オリジナルで注文することも出来るかどうか、事前に確認しておく必要があります。
価格にこだわらなければ、その辺りの対応はしてもらえると思うので、思い出に残る素敵な会にしたいですね。

謝恩会などの感謝を表す会なら

保育園や幼稚園、小学校など、お世話になった先生方への感謝の意を込めて、謝恩会を開くところが多いと思います。
この時会場となるのは、ほとんどが園とか学校です。
先生方への挨拶文、司会進行、予算決めなど、やらなければならないことは沢山ある中で、会場の設営までなると保護者役員の方の負担はかなりのものになります。ですので会場設営とドリンクサービス、後片付けまでをケータリングにすることは負担軽減になるのではないでしょうか。
その分先生方との歓談の時間も増えるので、皆が楽しい時間を過ごすことが出来ると思います。
入園もしくは入学してから色々なことがあったことでしょう。あの時実はああだったとかあの言葉に感動したなど思い出話に花を咲かせ、日常とは違う空間を楽しみましょう。


この記事をシェアする
TOPへもどる